症状別ブログ

2019.08.20更新

 

q

 

【キネティック・チェーン】とは別の言い方だと【運動連鎖】と言います。

日常生活でもスポーツでも動作をするときには一つの筋肉だけで動いているわけではなく、

多くの筋肉が連動して動いています。そのことを【キネティック・チェーン】と言います。

一つ一つの筋肉の機能が上手く連携して収縮して身体を動かすことができないとスポーツのみならず、日常生活でも肩の痛みや腰痛などの不調に繋がります。

キネティック・チェーンの一つの例としては「地面から下肢→殿部→体幹→上肢」へと力(パワー)が伝わっていくルートであり、最後に「バットを振る」とか「物を高く持ち上げるといった動作です。

そのキネティック・チェーンのルートのどこかに支障をきたすとスムーズな動きが行えなくなり、パフォーマンスの低下・身体の不調となります。

筋力や筋量といったパワーの部分だけでなく、スムーズな動きを獲得するための「機能向上」も大切であることがキネティック・チェーンからわかります。

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347 橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347