症状別ブログ

2017.05.29更新

本日は胸郭出口症候群でご来院されたら、当院ではどのように治療するかを

簡単にご紹介します。

 

☆胸郭出口症候群とは

鎖骨周辺で腕神経叢という腕や手指に行く末梢神経の束が、腕や手指に行く

鎖骨下動脈鎖骨下静脈という血管とともに圧迫され、痛み・シビレ・だるさ

などが発症します。

 

☆原因

鎖骨の周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて

胸郭出口症候群と呼びます。

①斜角筋症候群・・・前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で圧迫される

②肋鎖症候群・・・鎖骨と第1肋骨の間で圧迫される

③小胸筋症候群・・・小胸筋を通る時に圧迫される

④頸肋症候群・・・頸椎(首の骨)にある余分な肋骨で圧迫される

 

g

 

☆症状

手指や腕のしびれ、熱感・冷感、脱力感で始まります。徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みが現れ、肩をあげて後ろに反らす運動や、首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に強くなります。

 

☆当院での治療

まず胸郭出口症候群の臨床検査をしていきます。 

y

当院の治療はマッサージ・鍼治療共にトリガーポイント療法を用いています。

トリガーポイント療法とは簡単に言うと痛みの原因となっている筋肉の硬結、

(老廃物が溜まってしこりみたいになってる所です)を探ってアプローチすることで痛みを根本から取り除くものです。

このトリガーポイントにピンポイントで刺激されるとズーンとしたなんとも言えない痛気持ちよさが味わえます。

またこういった心地よい刺激は自律神経を整える効果もありカラダをリラックスさせる効果もあります。

また、患者さんのその日の症状や体調に合わせて治療を組み立てていきます。

もちろん苦手な事を強要したりしないのでご安心下さい。

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

TEL042-703-3347

 

 

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

2017.05.25更新

本日は坐骨神経痛でご来院されたら、当院ではどのように治療するかを

簡単にご紹介します。

 

☆坐骨神経痛とは

お尻や太もも・ふくらはぎに痛みが生じた場合、様々な原因が考えられます。

このうち、坐骨神経に原因があるために生じる痛みを坐骨神経痛といいます。

 

☆坐骨神経痛を引き起こす疾患

・椎間板ヘルニア

・腰椎脊柱管狭窄症

 j

 

☆症状

安静にしていると痛みはそんなに感じませんが、歩き出すとお尻から太ももや足の先にかけて痛みやしびれが現れることが多いです。

そのため、長い距離を歩けなくなったり、しばらく休憩するとまた歩けたりということを繰り返します。(*間歇性跛行(かんけつせいはこう))

 

間歇性跛行・・・しばらく歩き続けていると足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現し歩けなくなりますが、少し前屈みになって休むと痛みやしびれが軽くなり、また歩けるようになる症状

 

                f

 

☆当院での治療

当院の治療はマッサージ・鍼治療共にトリガーポイント療法を用いています。

トリガーポイント療法とは簡単に言うと痛みの原因となっている筋肉の硬結、

(老廃物が溜まってしこりみたいになってる所です)を探ってアプローチすることで痛みを根本から取り除くものです。

このトリガーポイントにピンポイントで刺激されるとズーンとしたなんとも言えない痛気持ちよさが味わえます。

またこういった心地よい刺激は自律神経を整える効果もありカラダをリラックスさせる効果もあります。

また、患者さんのその日の症状や体調に合わせて治療を組み立てていきます。

もちろん苦手な事を強要したりしないのでご安心下さい。

 

h

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

TEL042-703-3347

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

2017.05.17更新

本日は、当院でのメンテナンスで来院されている法政大学の陸上部員が最も症状を訴える「シンスプリント」についてどのように治療するか簡単にですがお話します。

 

☆シンスプリントとは

下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みがあり、 骨折した時のような激しい痛みではなく鈍い痛みが特徴です。 脛骨過労性骨膜炎ともいいます。


☆原因

・反復するランニングやジャンプにより下腿の内側の骨に刺激が加わる為。

・足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り炎症が起こる為。

 

l

 *上の筋肉はシンスプリントによって痛みが発生する箇所です。

 

①練習量・方法
・練習量(運動量)が多くなれば当然シンスプリントになる危険が増えます。

・練習方法(反復練習など)に問題があることも誘因となります。

②身体的特徴
・扁平足がある人。

・靴の踵の外側がすぐすり減る人。  

③走る場所 
・固い地面を走ると起こりやすくなるようで、特に舗装道路でのランニングは誘因となる可能性があります。

・平坦でない場所(舗装道路では中央が高くなっている)を走る こともよくないということです。

④基礎的な体力
・筋力のバランス・筋持久力・柔軟性などが低下していると起こりやすくなるといわれています。

 

☆当院での治療

当院の治療はマッサージ・鍼治療共にトリガーポイント療法を用いています。

トリガーポイント療法とは簡単に言うと痛みの原因となっている筋肉の硬結、

(老廃物が溜まってしこりみたいになってる所です)を探ってアプローチすることで痛みを根本から取り除くものです。

このトリガーポイントにピンポイントで刺激されるとズーンとしたなんとも言えない痛気持ちよさが味わえます。

またこういった心地よい刺激は自律神経を整える効果もありカラダをリラックスさせる効果もあります。

また、患者さんのその日の症状や体調に合わせて治療を組み立てていきます。

もちろん苦手な事を強要したりしないのでご安心下さい。

 

h

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

TEL042-703-3347

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

2017.05.12更新

こんにちはni

今回は当院での不妊治療についてご案内いたします。

平成14年度厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究によると、

(1)不妊治療の患者数は、466,900人(推計)

(2)人工授精の患者数は、66,000人(推計)

(3)体外受精の患者数は、48,944人(実数)

(4)顕微授精の患者数は、29,582人(実数)

(3).(4)は平成16年の1年間に治療が実施され、日本産科婦人科学会に登録施設から報告された実数。

世界的にみても人口の約10%の方が不妊に悩んでいるとされています。

特に日本では不妊治療を行っている患者さんは年々増加傾向にあります。

病院での先進医療による不妊治療は、高額なため精神的・経済的負担が大きくなるのが現状です。

当院では、お悩みの手助けとなるよう医師や提携クリニックと連携した治療をおこなっております。

鍼灸治療は、血流改善・ストレスの軽減・ホルモンバランスの安定・自律神経の安定に効果があります、

又、副作用なく妊娠に必要なお身体の状態に変化させることができます。

不妊治療

 

女性の初診での治療の流れとして、

1.まず、お身体の状態・生活習慣などを専用の問診表にご記入頂きます。

2.問診をおこない、ご希望や治療で不安なことがないようお話をお伺いします。

3.歪みや筋肉バランスの乱れ、姿勢をモアレ画像を元に確認します。

4.舌診、脈診、体表温度を確認し、当日のお身体の状態から治療の方向性を決定し治療にはいります。筋肉の過度の緊張は血流を低下させ、

お身体の歪みは子宮の状態や代謝を低下させるので妊娠の天敵である冷えの原因に繋がります。

5.血流改善やホルモンバランスを整える鍼や手技、リフレ、歪みの調整をおこなったあとは、体表温度や舌の状態、モアレ画像を最後にご確認していただき生活習慣におけるお身体の負担を軽減・改善させる指導をおこないます。

治療の頻度や普段から気をつけなければいけない事など、ご質問もお聞きしたします。

初診料  1100円 初回のみかかります(モアレ画像・診断料含む)

1回施術料5400円(鍼・ほぐし・バランス調整・骨盤矯正含む)

担当施術者が限られるため完全ご予約制となります。

 

*男性の不妊治療も可能(金額上記同様ですが施術内容は若干異なります)

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

 

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

 

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

 

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

 

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

 

TEL042-703-3347

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

2017.05.11更新

本日は足関節捻挫でご来院されたら、当院ではどのように治療するかを簡単に

ご紹介します。

 

足関節捻挫のほとんどは足関節を内側に捻って、足関節外側の靭帯(前距腓靭帯)が損傷します。

外くるぶし(外果)の前や下に痛みがあり腫れ、または外くるぶしの前や下を押されると痛みがあります。

捻挫

 

 

    g

 

靭帯は損傷頻度によって、捻挫の頻度が3つに分けられます。
1度 靭帯が伸びる程度
2度 靭帯の一部分だけ切れるもの
3度 靭帯が完全に切れるもの

 

当院での治療は、1度・2度損傷の場合RICE処置を中心に

+高周波(ライズトロン)+干渉波(電気療法)+手技(マッサージ)

で周囲の筋肉をほぐします。
3度の場合では上記の内容+固定(包帯又はテーピングなど)をします。

 

*RICE⇨(R→安静・I→冷却・C→圧迫・E→挙上の略)
*2度損傷の場合も固定する事があります。

 

捻挫は放置すると足関節に痛みや不安感が残り、何度も捻挫を繰り返す事や変形性関節症になる恐れがございますので、

お早めのご来院をお待ちしております。

 

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

 

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

 

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

 

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

 

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

 

TEL042-703-3347

 

 

 

 

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347 橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347