症状別ブログ

2016.10.24更新

今回は腱鞘炎についてお話します。

 

主な原因は、

使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症

                   によるものです。

 

症例

 ①日常的な家事をする主婦の手

 ②パソコンやスマートフォンの使いすぎ

 ③育児で抱っこのしすぎ

 ④女性ホルモンのバランスの変化(出産後・更年期)

 ⑤字を書く事が多い方            など

         k          

腱鞘炎は大きく2種類に分けられます。

ひとつはドケルバン腱鞘炎と呼ばれるもので、手首の炎症です。

この症状は主に、重いものを持ったり赤ちゃんを

長時間抱っこしていたりする場合に発症しやすいケースです。

もうひとつは弾発指というケースで、俗にばね指と呼ばれているものです。

これは指付近の炎症で、指を曲げようとしても曲げられなかったり、ある程度曲げると指がばね仕掛けのように曲がるという症状が特徴です。

 

当院では、トリガーポイント手技や低周波・ライズトロン

(温熱療法)を使用して治療を行っています。

 

g           g

 

この時期、急に夜が寒くなったりと関節の痛みが目立つ時期でもあります。もし中々治らない・諦めている方がいましたら、まずはご相談ください。様々な痛みに対し満足いく治療と納得いく説明を心掛けています。

 

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

TEL042-703-3347

 

 

 

 

 

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

2016.10.17更新

今回は、肩関節周囲炎(五十肩)についてお話しします。

五十肩といっても40~50歳の方にしかならない訳では無いです。

40~50歳の方で筋肉量が減ってきている割に肩の負担が多く、我慢されている方が圧倒的にこの年齢層に多いからです。
負担が大きく関節の拘縮があれば、30~70歳の方でも起こります。

 

          s

 

〜どのレベルまでいくと四十肩・五十肩レベルなのか〜


痛いけど肩の挙がりが最大近く挙がるレベルは、

まだ筋肉レベルの緊張による痛みによるものです。

肩関節を中心に上腕骨・肩甲骨間の動きがまだスムーズな

レベルの痛みは五十肩の予備群であり、まだ五十肩では

無いです。

 

肩の動きが引っかかるようにロックした感じになり、

痛みが強い夜間の疼き上腕骨と肩甲骨間の

動きがスムーズでなく上手く挙げられない状態を

肩関節の拘縮と言います。

最初は筋肉レベルの痛みだったが無理に我慢をしていたりすると、段々関節にも負担が大きくなり固まった状態で痛みを伴っていきます。

 

五十肩の中でもレベルがあり、強い痛み・

ほとんど挙がらない・炎症レベルが強い状態だと、

カルシウム(石灰沈着)性肩関節炎になっている可能性があり、痛みが落ち着くまでかなりの時間を必要とする事もあります。

 

当院では、炎症が下がった状態であれば関節の拘縮改善を得意としており、鍼・深部筋アプローチの手技・高周波(ライズトロン)・動きをつけながらの手技(リハビリ)を患者様に合わせて治療していきます。

 

 g  l

 

この時期、急に夜が寒くなったりと関節の痛みが目立つ時期でもあります。もし中々治らない・諦めている方がいましたら、まずはご相談ください。様々な痛みに対し満足いく治療と納得いく説明を心掛けています。

 

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

 橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

 JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

 提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

 〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

 TEL042-703-3347

 

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

2016.10.11更新

今回は注意すべき「秋の花粉症」についてです!

 秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉に注意が必要です。

 

〇ブタクサ8月から10月

〇ヨモギ  8月中旬から10月

〇カナムグラ8月下旬から10月

 

夏から秋にかけて花粉の飛散シーズンを迎える植物には

キク科のブタクサやヨモギなどがあり、

全体の15%の人がこの季節に目や鼻の症状を訴えています。

秋の花粉症の原因のひとつ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、

気管に入ってぜんそくのような症状を引き起こすケースもあります。


今年は寒暖差により9月から10月に症状が出る患者さんが多いようです。

すでに数名の患者さんがこの秋に症状を訴え治療をされました。

最初は風邪のような症状に近いので気づかないケースもありますun

鼻のムズムズを感じたら早めの治療が大事です!

花粉鍼

 

当院では通年、花粉治療(はり)をおこなっています。

早めの治療で症状の軽減、改善が見込めるのでご相談ください。

 花粉鍼治療30分位(マッサージ含む)¥1800+税。

通常治療と組み合わせた場合は ¥900+税となります。

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

TEL042-703-3347

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347 橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347