症状別ブログ

2016.05.20更新

今回は急性腰痛いわゆるギックリ腰についてコメントしたいと思います

 

その前に簡単に腰痛のお話を、、、(・∀・)

 

ここ数年、腰痛に悩む日本人の数は1000万から3000万人に推移し、4人から10人に1人が腰痛持ちの状況です

増加傾向で数が非常に多いですよね、でもなぜでしょう??

理由は色々ありますが、どうやら前傾姿勢が大きな影響がありそうです

 

腰にかかる荷重を姿勢から数値化した検査結果があります

 

〇まっすぐに立つ状態で体重の100%(体重70kgで腰への負担は70kg)

〇お辞儀の姿勢(腰を20度傾ける)150%

〇椅子に座って背筋を伸ばす140%

〇椅子に座っての前傾姿勢(腰を20度傾ける)185%

つまりデスクワークの姿勢が腰に一番負担をかけるワケです

体重70kgの人はデスクワークで約130kgの負担を常に腰で受けていることになります。gan

パソコン業務やスマホなど前傾での姿勢が多くなっている現在、現代病といえるかもしれません

 

当院では、4月、5月に入り急性での腰痛の患者様が増えてきています

寒い時期に起こりやすいイメージがありますが実は、冬の寒い時期よりも季節の変わり目に痛めやすいのです

一般的には「血行不良」になりやすいのはやはり「冬」と考えられているため「ぎっくり腰」になりやすいのは「冬」思いがちですが、

 冬はいつも寒いですから厚手の衣類を着る暖房を入れるなどによって身体を冷え固まる状態から守っています

ところが、寒暖差があると血流が急激に変化したりして筋肉が自然と凝り固まっているのです

その状態で突発的に負荷がかかることで「ぎっくり腰」になりますun

 

4月は一日平均30名の腰痛の患者様が来院されました、急性腰痛は約6割ほどです

腰痛は適切な処置と検査による診断、早期の治療が今後の経過を左右します

当院では患部の痛みを楽にするトリガーポイントでの手技や鍼治療を得意としています

実際は患部だけでなく、患部をかばうことから引き起こされる腰まわりの筋肉の過緊張を取ることが早期での痛みの改善に繋がります

 

もし、急性的に腰を痛めたなら炎症があるので無理にストレッチをして伸ばしたり、患部を温めずに冷やす!

そして当院にすぐご連絡ください!

その痛みを軽減させる自信がありますnicoleaf

 

町田市・相模原市 橋本で交通事故治療や妊娠中の腰痛や産後の骨盤矯正、自律神経の乱れでお悩みなら、

橋本みなみ鍼灸院整骨院までご相談下さい。

JR横浜線、京王線「橋本駅」から徒歩5分

提携駐車場 有 「アイペック橋本 第7、11、15駐車場」

〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本2-10-23

TEL042-703-3347

 

 

 

投稿者: 橋本みなみ鍼灸・整骨院

entryの検索

カテゴリ

橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347 橋本みなみ鍼灸整骨院 TEL:042-703-3347